<   2008年 08月 ( 5 )   > この月の画像一覧   

病院の実力・・・腹腔鏡下手術   

2008年 08月 29日

過去のブログで読売新聞の「病院の実力」に関しての記事を掲げた。
今年も同紙が「病院の実力、2008年版」を掲載しているので紹介したい。 これをみると、日本各地の婦人科腹腔鏡下手術の実績がおおよそわかる。

 近畿では、過去ブログに述べた先生方のほかに、神戸の北先生、京都の矢野先生、滋賀の卜部先生、奈良の河本、小畑先生らの実績が目に付く。 また、奈良県立医大の棚瀬先生が大阪中央病院で研鑽されたのち今年の厳しい認定医(合格率3割!)を取得されたので狙い目だ。(彼は伊藤病院の手術チームにも名を連ねてくれているので技術力は保証済!)

 で、地元京都に限れば、市内では佐伯医院の佐伯先生が相変わらず頑張っておられ、足立病院も大阪北野病院から矢野先生を迎えて実績を上げはじめた。残念ながら京都医療センターは杉並先生、谷口先生が奈良の高の原病院に転勤されたため集計から姿を消した。府下では綾部市民病院の上野先生も今年の認定医を取得された(彼も伊藤病院で腹腔鏡下手術に携わってくれている)。

我が伊藤病院は、待ち期間で1位だった・・・。
当院では、私の他に、原田、松本先生、加えて棚瀬、上野先生らがチームを組んで難症例を中心に腹腔鏡下手術に取り組んでいる。月当たり10例以内と決めているので、待ち期間は長いがどうかお許し願いたい。 

それにしても京都地区は元気だよ。
[PR]

by Dr_M_Itoh | 2008-08-29 16:54 | 腹腔鏡下手術 | Comments(5)

大文字送り火   

2008年 08月 16日

 早いもので、暑い暑い~と喘いでいたら、もうお盆が過ぎてゆく。
今日は「大文字」の送り火が見られる。僅か15分程で消えてしまうが、京都の夏には祇園祭とともになくてはならない盛夏の風物詩である。

伊藤病院からもいくつかの「大文字の送り火」が見える・・・。 

今晩は入院患者さんたちとささやかな鑑賞会だ。

下の写真は、字に沿って何やら白い点々がみえるが、山の斜面で今晩の送り火の準備をしている妙法の「妙」と、大文字の「大」。 
昼間にはこのように見えるのです。

a0057559_11414583.jpg
a0057559_1142189.jpg
[PR]

by Dr_M_Itoh | 2008-08-16 11:48 | 広報 | Comments(6)

NAVI 2   

2008年 08月 12日

前々回の「NAVI」の評判があまりよくなかった。・・・と言うより、運転しない女性には、NAVI音声と運転手の所謂「間」が解らず、ピンと来なかったらしい。そこで、解説を加えることにした。



 助手席でいつも地図帳を広げて道案内をしてくれていた女房が老眼になり、案内のタイミングが遅くなったので、新しいキャピキャピの女性を助手席に同乗させたところ、姿、形はうつくしいのだが、前評判ほどではない案内ぶりにがっかりした。 そこで、古女房に機嫌をとりながらアドバイスを求めたところ、二人の意見が食い違い、運転手が混乱する様を描いたものである。



キャピキャピ女性が、愛人であろうと、娘であろうとそれは読者の好みに合わせて理解してもらいたい。個人的には前者の方がハチャメチャで面白いが・・・。
[PR]

by Dr_M_Itoh | 2008-08-12 11:21 | ひとりごと | Comments(2)

Navi   

2008年 08月 04日



次の話題はNAVI。
車の純正NAVIが旧くて操作しにくいので、最新の携帯NAVIを追加装着した。
ワンセグも見れるパナソニックのストラーダという製品で評判は上々らしい。

だが、実際に走ってみると最新型のくせに反応が鈍い。
リルート検索なんかは30秒もかかる。首都圏の高速道路などでは反応の遅さは致命的で、リルートが表示されたときにはもう修正が効かなく、さらに流れのまま走るしかない。で、またリルートをすることになる。 



『リルートを開始します』  ・・・・・・・

『次の分岐点を、ん?・・・リルートを開始します』  ・・・・・

『次、○○出口、左、ん?・・・・リルートを開始します』    ・・・・・


もう、いい加減にせい! 高速を降りるのか、降りないのか??
NAVIに気を取られていたら、緑の道路標識までも見逃してしまった・・・あ~ぁ。
高速道路はトンネルに入り、さらに複雑に分岐する・・・。
必死で流れについて走行した。

すると、『GPSを受信出来ません』と。

・・・わっ、わかっている! ちょっと黙っておれ!

『GPSを受信しました。・・・・リルートを開始します』   ・・・・・・・・・

『次、△△出口、左です。その先、右です。右です・・・』



ふーっ! 逃げるように一般道に降りて、路肩に車を止め、旧い純正NAVIも同時に作動させた。純正NAVIは走行中には操作できないからだ。
ストラーダの若い女性の声より、やや落ち着いた年増(失礼!年配)女性の声で純正NAVIは【ルート案内を開始します。次の信号、△□を、右折です】と告げた。
ストラーダは、若い声で『次、△□を右です。その先直進です』と話している。

よし! 二人の良いところを選択して走ろう!

【5キロメートル道なりです】
『この先5キロメートル直進です』

二人とも意見の一致をみている・・・。

だが、すぐに二人は異なる案内をしはじめた。

【次、高速出口、左です。その先、さらに左です】 
『次、直進です。3キロメートル道なりです』

どっ、どっちだよ・・・? 道路標識はまだだし・・・。
速度が落ちた私のバックミラーには大きなトレーラーが迫ってくるし、隣の車線にはダンプの横っ腹が・・・。 迷っているうち、またまたでっかい標識は見落とした。

もう頭の中はぐちゃぐちゃ・・・。



『リルートを開始します』  ・・・・・  おっ、お前、またかよ!
[PR]

by Dr_M_Itoh | 2008-08-04 21:01 | ひとりごと | Comments(1)

ETC   

2008年 08月 04日

遅まきながら、自家用車にETC(有料道路自動支払い装置)を取り付けた。

早速に、ETCゲートへ!
新規のETCカードゆえ「ETCが作動せずバーが開かなかったらどうしよう?」と、恐るおそる低速でゲートに入ると、不安な私を嘲笑うかのように音もなくバーがあがった!
やったー! 

その後、いくつかの料金所でも「どうぞお通りください」とばかりにゲートが開く。こっ、これは、快感である! まるで偉くなったような錯覚に捕らわれる。

できれば自動ドアで遊ぶ子どものようにゲートを行ったり来たりしたかったなぁ~(あほか!)

今更の旧い話題だが、新しい感激でした。
[PR]

by Dr_M_Itoh | 2008-08-04 17:43 | ひとりごと | Comments(0)