<   2006年 11月 ( 4 )   > この月の画像一覧   

京の紅葉   

2006年 11月 30日

京都の紅葉を皆さんにお届けしようと、観光客で込み合う大原三千院と高尾神護寺に行ってきました。京都は右に比叡山、左に愛宕山を有し、東山36峰の最高峰が比叡山。その麓に大原があります。西の愛宕山の山麓には高尾があります。

三千院は、また梶井門跡と呼ばれ、古くは東坂本に里坊がありましたが、中世以降、大原魚山の来迎院、勝林院、往生極楽院などの寺々を管理するために大原に政所を設けたのが前身です。明治になって三千院と公称するようになりました.。

a0057559_16482566.jpg

神護寺は天長元年(824)に高尾山寺と和気清磨呂(奈良時代から平安初期にかけて活躍した貴族)が建立した河内の神願寺と合併して、現在の寺名になりました。また、唐から帰朝した空海が14年間住持していたことでも知られています。現在の諸堂は大師堂(重文)を除き、応仁の乱で焼失したために江戸時代以後に再建されたものです。
a0057559_16485695.jpg

大原は、車で近くまでいけますが、神護寺は、車を止めてから約一時間しっかりと山中を登らなければなりません。この道が綺麗なのですが・・・。僕は途中でギブアップ!
[PR]

by Dr_M_Itoh | 2006-11-30 17:07 | 広報 | Comments(0)

子宮筋腫 日帰り治療   

2006年 11月 30日

 今日テレビで子宮筋腫の最新治療として超音波集束照射療法を取り上げていた。MRIの断層撮影で筋腫の位置を把握し、コンピューターの誘導によって筋腫部位に超音波を集束させて筋腫を壊死(腐らせる)というものである。筋腫はなくならないが、小さくなる。

 近年、この治療法は注目されて入るが、全ての人にとって朗報というわけではない。特に、これから妊娠しようという若い女性、また、多発性の筋腫がある方にとっては、デメリットもある。伊藤病院でも「この治療を受けたが治らなくて・・・」と相談にこられる方が少なからずおられる。

よく相談されてから、治療方法を選択して欲しい。
[PR]

by Dr_M_Itoh | 2006-11-30 16:25 | 子宮筋腫 | Comments(0)

不可解な「リーヴ21」のCM   

2006年 11月 28日

a0057559_20491325.jpgテレビのCMはいろいろあるが、私にとって不可解な発毛CMがあった。「りーヴ21」の対談CMだ。
このCM、
href="http://www.reve21.co.jp/cm/"   同一人物が衣装とメイクを変えて男女二役を演じているではないか! 何度も確かめてみると、背広姿の男性はリーヴ21の社長の岡村さん、ニットスーツの女性はニットデザイナーの廣瀬さんで、一人二役ではない。

これは一体どういうことだ?
なぜこんなに似ているのだ?
なぜニットデザイナーがCMキャラクターなのだ?


よーく調べてみると、ニットデザイナーの廣瀬さんは廣瀬光治という男性で、第6回発毛日本一コンテストの準優勝者であった・・・。
うーん・・・、それにしても、このお二方、よく似ている。


病院で看護師にこのブログを見せたら、
「広瀬さんって、あの有名なニットデザイナーですよね」
「はい、広瀬さんは男性ですよ! 先生は知らなかったのですか?」と、
馬鹿にされました。

薄毛に関連する話題なのに知らなかったとは・・・とほほ。
[PR]

by Dr_M_Itoh | 2006-11-28 10:37 | ひとりごと | Comments(0)

今年最後の腹腔鏡下手術が終わって・・・。   

2006年 11月 27日

  皆さん、ご無沙汰です。しばらくの間ブログの更新が出来ずにすみません。伊藤は元気にしています。
 去る11月8日をもって手術室エリアの改装に取り掛かりました。私のデスクも同じエリアにあり、立退きを余儀なくされ、根無し草の状態が続いていました。
しかし、ようやく仮設のデスクにパソコンを確保し、このコラムを書いています。

 さて、腹腔鏡下手術についてですが、「今年中に是非手術を受けたい」と希望されていた患者さんたちのご希望に添うべく、10~11月は多くの手術を行いました。おかげさまで、11月8日には奈良からの患者さん(Aさん)の手術を無事終了し、これが今年の最後となりました。
工事の喧騒のなか、Aさんには術後経過良く回復していただき、退院の時には涙を浮かべながら我々スタッフにお礼の言葉をいただきました。 ありがとうございました。 

今年も手術合併症を経験せず、無事腹腔鏡下手術が出来ましたのも、こうした皆様のご支援、そして患者様ご自身の良運のおかげであると感謝しております。

正月明けに手術が再開できますよう、鋭意努力中ですので、来年まで待っていただいている皆様には、どうかご理解を賜りますようお願い申し上げます。 

(注:いつもになく真剣なブログ! ほんとうは建物が工事中なので身魂疲れているのです。とほほ・・・。)
[PR]

by Dr_M_Itoh | 2006-11-27 18:04 | 腹腔鏡下手術 | Comments(5)