<   2006年 10月 ( 5 )   > この月の画像一覧

産科救急受け入れ拒否の原因は?

昨日から、「産科救急のたらい回し事件」が各テレビ局でさかんに報道されている。
・・・悲しい事件だ。

この事件で、2つの問題点が論議されている。
ひとつは、担当の産科医が素早い対応をとれなかたっかということ。
ふたつめは、多くの病院で受け入れがされなかったことである。拒否した全ての病院が、受け入れ態勢がなかったとは考えにくい。今後、医師や病院の道徳観、さらに応召義務違反も問われるところであろう。

ところで、

今回の事件は産科医の不足が原因であると言われている。しかし、私は少々異なるところに事件の大きな原因があると思っている。

それは何か・・? 福島県大野病院で起きた産婦人科医の逮捕事件の影響である。

この事件は、帝王切開の際に癒着胎盤が原因で出血多量に陥り、担当医は懸命に対応したが残念なことに母体死亡に至った症例である。警察はこの手術を担当した産科医を事件から1年以上が経過しているにも関わらず、「逃亡の危険あり」と言う理由で手錠を掛けて連行した。(手錠シーンはテレビで報道された)。
この警察の行為は、日本中の産科医のみならず、救急救命に携わる医師たちを震撼させた。何故なら、懸命に「正しい」医療行為(不幸にも亡くなられた)をした結果が、有無を言わせぬ逮捕だったからである。

そもそも産科医や小児科医、あるいは救急に携わる医師たちは、自分たちの仕事が寝る暇もない過酷な労働であることは、もとより百も承知している。自分たちが志した道ゆえ、使命感とプライドをもって人手不足のなか救急医療を懸命に支えてきた。
そうした彼らにとっての何よりの励ましの言葉は、患者さんからの「ありがとう」だった。
万が一、不幸にも救えなかったときは、無力感に打ちひしがれることもあったが、それでも、患者さんの家族から、「お世話になりました」との言葉をいただき、また、残された力を振り絞って、次の患者さんの救命処置に全力で臨んだものである。

福島大野病院の産科医逮捕事件は結果として、こうした熱意に溢れる医師たちのやる気を一瞬にして萎えさせた。
「全力で救命に取り組んでも、救えなかったら、医学的に間違っていなくても逮捕される・・・」
これでは、どんなに熱意ある医師たちも救命行為に及び腰になってしまう。
  
  例えば、踏切で電車に撥ねられそうになっている子供を見つけ、ある青年が子供を救う
  べく踏切に飛び込んだとしよう。しかし、間一髪間に合わずに二人とも撥ねられた。
  青年は怪我だけで助かったが、子供は亡くなった。青年は、子供の親から助け方が
  悪いと責められ、警察に逮捕された・・・これってあまりに理不尽だと思いません?

さらに・・・、福島県警は産科医を逮捕した警察の担当者に「本部長賞」を授与した。(これは警察庁や行政の見解が正しいことを世に示したものである。「よくぞ逮捕した!」と。)

担当行政は、「産科医、小児科医、救急医を増そう!」といいつつ、一方では、警察が「助けなければ逮捕だぞ!」と見せしめる。この矛盾が救急現場の使命感ある医師たちの心を無力化させているのである。 

本当に残念なことである。 救急救命に挑んできた心ある医師はいっぱいいたのに・・・。


(長文を読んでいただきありがとうございました。 今回の診療拒否事件を擁護しているのではありません。救急を受ける立場、そして救急を送る立場の両方を経験した私の意見を、誤解を恐れずに綴りました。)
[PR]
by Dr_M_Itoh | 2006-10-18 23:06 | 妊娠と分娩 | Comments(1)

私のブログはおもしろいから読んでいると患者さんからよく言われる。
でも、人それぞれに感性が異なるから、誰にとってもおもしろい記事は難しい。
今日はおもしろくないが、また長男の語録から・・・。

最近急に背が伸びた長男が母親に大きな布団をねだるべく、
「布団が小さくなって、夜中寒くって、毎晩ほとんど寝てないし・・・」と大げさな表現を。
加えて、「ほんとだってば! 夢を見ることもないくらい眠りが浅いんだから。」

 ・・・ん?

傍らにいた次男が、
「僕も夢を見ないでぇ~。」

長男は、
「あほ、それは眠りが深いからや!」

 ・・・ん??






[PR]
by Dr_M_Itoh | 2006-10-17 21:40 | ひとりごと | Comments(2)

ガッ、ガッ、ガッ! ギュィ--ン!! 騒音が・・・!

現在伊藤病院では院内の改装を行っています。入院中の皆様には騒音、ベッド状況など少なからずご迷惑をおかけしており、この場を借りてお詫びを申し上げます。

旧い設備を修復しながら少しずつ改装を行っていますので、進捗が遅く、11月中旬から12月にかけては、分娩室と手術室にも改修が及び、この時期の手術、お産は制限せざるを得なくなりました。具体的には、腹腔鏡下手術はこの期間は行いません。また、お産も仮分娩室で行いますので、お産にリスクのある方は、あらかじめの転院をお願いしています。
皆様にはご不自由をおかけしますが、どうかご理解を賜りますようお願い申し上げます。

なお、転院先は、京都第二日赤病院、社会保険京都病院、日本バプテスト病院、京都府立医大病院、足立病院などですが、詳細は個々にご相談して決めています。
なかには、「たとえ廊下で寝てでもいいから伊藤病院で産む!」という患者さんもおられ・・・。

本当は伊藤病院で産みたかったのに、母子の安全のため転院に応じてくださった方々、騒音のなかでも産むといってくださった猛者のお母さんたち・・・、皆様にお詫びと感謝を申し上げます。
[PR]
by Dr_M_Itoh | 2006-10-12 22:35 | 広報 | Comments(0)

腹腔鏡下手術のYaboo検索

最近、腹腔鏡下手術件数が多くなり、大阪中央病院の松本先生にも応援を依頼する機会が増えてきた。原田先生とともに本音で話ができる医者仲間である。

先日も、手術前の手洗いをしながらー、
私 「”腹腔鏡下手術”で検索をしてみたら、msn, Google,Yahooとも、安藤先生の倉敷の成人病センター、松本先生の大阪中央病院、それからここ(伊藤病院)、堤先生(東大)、武内先生の順天堂大学、東邦大学の森田先生などの仲間達が上位ページに揃って顔を出しているよね。最近、実態に即してきた感じがあるね。でも1ページ目に載っているのにまったく聞いたことがない医者や病院がまだいくつかあるね。」

松本先生 「インターネットは検索によくかかる文字やページをホームページ内にどんどん増やせば、検索件数が増えて上位にくるから、そういう技を取り入れているところがあるね。でも、ホームページでは、手術のスキルはわからないしね・・・」
私 「スキルの検索ができるサイトをつくろうか?」
松本先生 「誰が人選するんですか?」
私 「松本先生!」 
松本先生  「でも、僕らだって、しがらみがあるから、誰を推薦して、誰を推薦しなかったということになると、どこかから叱られるじゃないですか。」
私 「いいじゃない。過激に無記名でやったら・・・。」
松本先生 「Yahooじゃなくって、Yabooなんてね!」

私 「Yabooか・・・、これブログに拝借ね!」
[PR]
by Dr_M_Itoh | 2006-10-09 10:44 | 腹腔鏡下手術 | Comments(2)

怒る言葉♪

 最近、ぶっきら棒な態度が目立つ長男(15)に、少し男同士の説教をすべく、自動車の助手席の彼に向かって、「お前もやさしい気心を持っているのだから、他人の気持ちを慮って、自分に厳しく(強く)するよう心がけよ」と。それ以上、しつこく言う気がなかったので、CDのスイッチを押した。

  ♪暮れなずむ町の 光と影の中 去りゆくあなたへ 贈る言葉~
~ 愛するあなたへ 贈る言葉~♪♪(武田鉄也)


長男  「あっ、贈る言葉や!」
私    「ん? 怒る言葉・・・? 」
長男  「違うし・・・、お・こ・る言葉とちがって、お・く・る言葉! この唄好きやし、CD貸して?」

・・・おまえ、えらい旧い唄知ってるな!
[PR]
by Dr_M_Itoh | 2006-10-08 23:16 | ひとりごと | Comments(0)