<   2006年 09月 ( 7 )   > この月の画像一覧

怖いお産の合併症:ヘルプ症候群(Hellp症候群)!

9月は手術が20件を超え、小病院の伊藤病院としては異例の多忙さであった。

そんななか、月末の午前診療中に「胃がむかつく」との訴えで37週の妊婦さんがいらした。
赤ちゃんの心音には異常はなかったが、血圧が150/90と上昇している。陣痛はないが、おなかを触ると子宮に軽い緊満がある。

ご本人は元気であったが、このまま帰宅してもらうには不安がある。
当院の入院か転送か迷ったが、妊娠中毒症の時によく見受けられる胎盤早期剥離も疑われたので、京都府立医大周産期部に転院の手配をして、精査をお願いした。

府立医大に入院すると、血圧がみるみる上昇し、200を超えた。肝臓の検査結果も悪くなっており、昼過ぎに緊急帝王切開による分娩となった。
対応が早かったため、母子ともに元気とのことである。

この急性疾患は、Hellp症候群といって、よく風邪や胃腸の病気と間違われることがある。産科医にとっては早期に診断しにくい妊娠合併症である。 しかし、放っておくと数日のうちに赤ちゃんがおなかの中でなくなり、母体もDIC(血が止まらなくなる状態)に陥り。命を落とす。

  Hellp症候群:臨床的に、重篤な妊娠中毒症のひとつともみられるが見解は一致していない。①溶血(赤血球が溶ける)、②肝障害、③血小板減少が主徴の症候群で、胎児の死亡率10~40%、母体死亡率5%程度の突発して起こる怖~い妊娠合併症。

HELLP症候群の発症は、伊藤病院では大変に稀で、10年に一度あるかどうかだが、いつ母体がこのような状況になるかわからない。患者さんが早く受診し、早く大学病院に転院し、早く帝王切開がされたことが、母児の安全な結果につながった!
一連の流れとみんなの運がよかったのだろう・・・、ほっとした。
[PR]
by Dr_M_Itoh | 2006-09-30 19:55 | 妊娠と分娩 | Comments(0)

「ちょっと! ちょっとちょっと!」

今日は久しぶりに6時半には手術を終えて病院を出た。携帯電話で家に蛙コールを
したあと、急にお造りの類が食べたくなり、帰り道に食品スーパーに立ち寄った。

店内に入り、早足に冷蔵の寿司コーナーに近づくと、白髪の小奇麗な老婦人が
買い物カートで体重を支えながら棚をのぞきこむようにパックを一つ一つ手にとって
ゆっくりと品定めをしてらっしゃる。
私の職業柄、「足がご不自由なのだな」と思い、彼女がその場を去るのをじーっと待って・・・、
【鉄火胡瓜巻き】パックをゲットした。

次に、魚コーナーに行くと、またこの白髪婦人とでくわした。 彼女の邪魔をしないように
【カツオのタタキ】と、【戻りカツオ】のパックを手にとってみたものの、しばし思案・・・。 
途中、【城之崎のカニ身】もあったが、「いやいや、だらだら買うのは止めよう」と
思いとどまり、(えらい!)、レジへ向かった。

4,5人が並んでる・・・。 そして、な、なんと、最後尾には、あの白髪のご婦人が! 
・・・レジは一箇所しかあいていないから、列でじっと待つことに。

やっと白髪婦人の順番がきた。購入商品のレジがすべて打ち終わったあと、
彼女は何か小声で言い残し、その場を離れた。
店員は固まったように、じーっとレジを打つ手を止めている。
僕も、じーっと(内心はイライラ)無表情に立っていた。

すると、老婦人は右手に【油揚げ】を持って走って!戻ってきた。
「ちょっと!ちょっとちょっと!」 (貴方は走れるの~?) 

レジカウンターの出口から逆行してきたご婦人は、【油揚げ】をレジに打ち込んで
もらい、ようやく支払いが終わった。 この間、ご婦人はずっーと無言。
「ちょっと!ちょっとちょっと!」 (挨拶なしかよ~!)

コンビニ袋に商品を入れてもらったご婦人は、立ち去り際に、
「すみませんでした」と小声で囁き、そそくさと・・・。
(よかった! でも、足が不自由だと思い、気を遣ったのに!)

すべて、僕の一人相撲でした。
こんなことって、スーパーでは日常茶飯事なんだろうね、きっと。
[PR]
by Dr_M_Itoh | 2006-09-28 20:00 | ひとりごと | Comments(0)

子宮内膜症の卵巣嚢腫はやはり早い時期に手術を

今日も手術が無事終わった。
患者さんは、他の総合病院で卵巣嚢腫と言われたため、セカンドオピニオンを求めて当院を受診された。診察の結果、子宮内膜症性嚢胞と思われたので、結婚間近だったが、早い目の手術をお勧めした。その後、結婚式が済んで、今日手術となった次第である。

術前のMRIでは、大きさが5センチ程度の小さな卵巣嚢腫であったが、腹腔鏡で覗いてみると、直腸、子宮、両側の卵巣嚢腫は癒着して一塊になっていた。いつものように丁寧に癒着を剥がし、卵巣嚢腫の核出を行った。難度の高い手術だったが、満足できる結果が得られた。

やはり、子宮内膜症は見つかった時に手術をするのが一番だ。小さいからと手術を躊躇して様子を見ていると、すぐにどんどん進行してしまう。

新婚早々であるのに手術を受けることを希望された今日の患者さんに敬意を表す。
きっとすぐに赤ちゃんができるぞー! 楽しみだ。

明日は、大阪中央病院の松本先生と、厳しい子宮内膜症の手術予定だ。
[PR]
by Dr_M_Itoh | 2006-09-20 20:47 | 子宮内膜症 | Comments(4)

怒ると痛い??

腹腔鏡下手術退院後の検診での出来事-
お腹の小さな傷は綺麗に治っていた。

「退院後、如何ですか? 術後うまくいってますね。もう、大丈夫ですよ。」と私。
「先生、怒ると傷むのですが・・・」と患者さん。
「ん? 何に怒るの?」と尋ねると、
「子どもを怒るとまだ皮膚がシクッとすることがあります。」と。

お母さんは、お腹に力を入れて子どもを怒るんだ。 母は強しだ。

「お腹に力を入れても大丈夫! でも、まあ、お子さんは力を抜いて適当に叱ってあげてね。
この会話、面白いからブログに載きね!」
[PR]
by Dr_M_Itoh | 2006-09-20 12:20 | 腹腔鏡下手術 | Comments(0)

秋篠宮悠仁親王が座るチャイルドシートは?

  本日、紀子様と秋篠宮悠仁親王が愛育病院を退院される。退院準備品の中にチャイルドシートも含まれているらしい。チャイルドシート普及活動の本家としては、どのような種類のシートをお選びになったのか、興味津々である。・・・今日答えは出る。
[PR]
by Dr_M_Itoh | 2006-09-15 10:19 | 子どもの事故 | Comments(1)

セレブなお産と自然なお産  その2

(先のコラムから続く)
いまはやりの助産院はどうだろう? 病院で失われてしまった妊婦本位のお産を、助産院の人間性溢れるサポートで提供しようとしているのだが・・・。番組取材を受けた助産院の院長は、助産師としてこれまでに3千人を取り上げたという。彼女は、「お産(の機転)は100年、200年前と、なにも変わっていない自然なものだから、切開もしない、点滴もしない自然なお産が一番いいという事が、皆さんがわかってきた」とコメントした。

・・・そうだろうか?

 100年近く前には、毎年、各都道府県で200~300名の女性がお産が原因で命を落としていた。もちろん、この時代に点滴はないし、分娩監視装置もない。ほとんどが自宅や助産院での自然なお産であった。「お産は棺おけを用意して心して臨め」と産婆さんたちは言ったらしい。
 
 伊藤病院の赤岩助産師は、これまでに自ら1万人近い分娩に携わってきた。運が良かったのか、彼女は当院で1例の母体死亡も経験していないが、それでも「お産は怖い」としみじみという。いつ何が起こるかわからないからだ。初産なら初産の、そして経産なら経産なりのリスクがある。統計では、妊婦の4人に1人は何らかのリスクがある。

    例えば、胎盤が出たあと、子宮は収縮して出血を止める(子宮復古という)。
    子宮復古が十分でないと、子宮から大出血を起こす。弛緩出血と言われるもの
    だが、分娩経過が早くて軽い経産婦に多く、その出血(の速さ)は肝臓破裂に
    匹敵するくらい恐ろしい。水道の蛇口をひねったような大出血が突然起こる。
    大出血に陥った女性を薬も点滴もなしに、的確に救命できるとは到底思えない。


 2、3年前、厚生労働省は、産科医が一人しかいない小規模施設での分娩の危険性を指摘した(助産師は勿論居るが…)。現在、冒頭に述べた妊産婦死亡数は、産科医療の発展のおかげで約100年前の約100分の1まで減少したが、それでも各都道府県で毎年数名の死亡がある。厚生労働省の指摘はこれをさらに減らそうというわけである。

このような社会背景のなか、病院での分娩を言外に否定することによって、自然なお産のすばらしさのみを強調することは、日本の妊産婦死亡率を世界一のレベルまで減少させたわが国の産科の努力を無視するものであろう。いや、先輩の産科医や助産婦たちが努力して成し遂げたその成果に甘え、お産では死なないと過信しているのかも知れない。

話が難しくなった。

簡単に言うと、助産師と産科医の対立の犠牲者はお母さんとその子どもたちである。
子どもの事故防護活動をしている私は、科学的に安全な方法を選択することがお腹の赤ちゃんに対する大人たちの義務だと信じる。経験のある助産師と産科医が信頼・協調し合って仕事をしている、そして救命設備の整った病院でお産をすることが、現時点では子どもたちを守る最善の方法だと思う。

結局、NHKが取材した豪華産院も助産院も立場、形は違うが、それぞれ安全以外の「特別な何か」を売りにして集客している点で、共通点があるように思えたのは私だけだろうか。

安全が第一である。

「生」も「死」も自然なのだ。優しい自然を味方にしたい・・・。
[PR]
by Dr_M_Itoh | 2006-09-10 13:31 | 妊娠と分娩 | Comments(3)

セレブなお産と自然なお産  その1

秋篠宮親王の誕生は、好感を持って国民に迎え入れられた。その一環だろうか、昨日もNHKの特集で最近のお産様式の変化を取り上げていた。その内容はというと、ひとつは豪華産院での「セレブなお産」望む夫婦が増えていること。そして、一方、助産院での「自然なお産」への憧れについてだ。(「 」はそれぞれ、番組内でのお母さんと助産師の言葉である。)

とある豪華産院では、白ベタの壁紙、ベッドの天井を囲む白いレース、真っ白く塗られた(安っぽい?失礼)椅子、化粧品売場のデモのようなメークアップアーティストによる化粧サービス、もちろんフランス料理は夫婦で! 
値段は60万とか。 取材を受けた褥婦さんは「セレブなお産がしたかったので、とても満足していると」と。そして、ご主人は「妻が喜ぶことは何でもしてあげたい!」と(おじさんは怒るでー!)。

・・・セレブな産院とはなんだろう? 単なる個人的な趣味の問題だろうか。本当の「高級」って目に見えないもの、例えば、スタッフの医療レベルとか、患者さんを慮る行儀やポリシーとか。そこには有意義な空間が醸し出す品格や文化の香り(病院の臭いではないぞ! 医療文化の匂いだ!)があるはず。 白いペンキで一朝一夕に創り出せるものではない。

次のコラムに続く
[PR]
by Dr_M_Itoh | 2006-09-10 00:07 | 妊娠と分娩 | Comments(0)