<   2006年 01月 ( 4 )   > この月の画像一覧

男の子? 女の子?

 妊婦健診でよく質問されることのひとつに胎児の性別があります。
「先生、男の子でしょうか、女の子でしょうか?」 
気の早い方でしたら、妊娠3ヶ月頃に尋ねられることがあります。
性別判定ができるのは、早い場合で16週頃、一般的には20週を過ぎてからです。
(判定の精度は2~3000例に1例間違える程度です。)

 女の子の場合は、男の子より判りにくいので、最終判定に慎重になっていると、
妊婦さんは「先生、早く知りたいんです。 名前も決めたいし、着るものも揃えたいし・・・」と、
で、私、「ごめん、どうしてもわかりにくい場所に赤ちゃんのお尻があるので、この次にもう一度確認させてください。」  「無理ですか・・・、この週末に買い物に行くんだけれど。」と、妊婦さん。

で、私は、
「赤ちゃんに着せる服は生まれてから買ったほうがいいよ。今は男女どちらにでも着せられる白いものにしておいて、色物は生まれてきた赤ちゃんの顔を見てから、その子に似合うものを決めたほうがいいよ。そのほうが、より楽しいしね。」ということがあります。
妊婦さんは妙に納得してくれます。
苦し紛れの言い訳ではなく、これには裏付けがあってのことなのですが、その裏づけとは?

次のコラムでお話します・・・。
[PR]
by Dr_M_Itoh | 2006-01-26 18:24 | 妊娠と分娩 | Comments(3)

子宮筋腫手術後の妊娠・・・おめでとうございます!

 子宮筋腫が不妊症の原因になるかどうかは、難しい要素がたくさんありひとことで述べることはできません。子宮の外側の漿膜に向かってできる筋腫は症状も無く不妊の原因にはなり難いですし、反対に子宮の中に向かってできる粘膜下筋腫は不妊症・不育症の原因の一つです。
 
 当院には、他医にて大きな筋腫を指摘され子宮摘出をすすめられた患者さんが〈駆け込み寺〉のように「子宮は取りたくないので何とかならないか?」と相談にみえることが少なくありません。そのような患者さんには、筋腫核出のリスクをお話して何とか子宮を残す手術を提供しています。

 ちょうどお正月に、2年前の平成16年に腹腔鏡補助下子宮筋腫核出術を受けられた患者Aさんから「妊娠しました!」とのメールを戴きました。
当時、Aさんは37歳の独身。紹介されて当院を受診されたのですが、診察するとお臍近くまで達する小児の頭より大きな子宮(正常な子宮は玉子より少し大きい程度)が触れ、複数の筋腫がありました。十分な準備をして、合計450グラムの筋腫を手術で取り除きました。
手術後は経過良く回復され、17年に結婚! そして半年してこのたび妊娠されました。

お便りを戴いてなんともうれしい限りです。無事な妊娠経過をお祈りしています。
帰省分娩を待っていますよー!
[PR]
by Dr_M_Itoh | 2006-01-24 19:38 | 子宮筋腫 | Comments(7)

子どもの安全

危険なおもちゃ:誤飲の恐れや異臭に注意を、と国民生活センターが呼びかけた。

 玩具売り場には、カラフルで面白そうな多種多様なおもちゃが並ぶ。ところが、国民生活センターが調査したところ、子どもがのどに詰まらせる危険性があったり化学物質の異臭がしたりする製品が何種類も見つかった。購入する際には、安全性を第一に考えて選びたい。

 同センターに寄せられた危害情報のうち、玩具に関するものはこの5年間で1820件寄せられている。「9カ月の子どもがおしゃぶりを全部口へ押し込み、のどの奥に詰まらせた」「積み木を口に入れたままうつぶせになり、口の中にけがをした」といった事例があったため、口に入れる可能性の高い玩具の安全性を調査した。

 調査対象は18カ月未満の乳幼児用の玩具で、ガラガラや歯固めなど33銘柄。日本玩具協会の安全基準と試験方法を参考に、子どもの口腔(こうくう)内のサイズを模した検査用器具に通したところ、3分の1に当たる11銘柄が通過または器具から突き出て、実際に口に入れると、のどに詰まらせたり傷つけたりしてしまう可能性があると分かった。同センターは「子どもが遊んでいる時は目を離さないように」と呼びかけている。

 一方、塗料で着色された積み木など木製玩具の中に、揮発性有機化合物(VOC)のトルエンやキシレンが放散されるものがあることも分かった。

 同センターに寄せられた情報の中には「袋詰めの積み木を購入し開封したら異臭がして、子どもが気持ち悪くなった」「積み木が変なにおいがして目がちかちかする」などの苦情があった。

 塗料で着色された0~3歳児向けの木製玩具14銘柄を一定量の空気と共に密封し、24時間たってその空気を分析したところ、7銘柄から塗料の溶剤として使われるトルエンやキシレン、エチルベンゼンが検出された。これらは男女14人によるモニターテストでも、においが強く、不快度が高かった。

 玩具からのVOCの放散については、基準がない。経済産業省製造産業局日用品室は「対策として何ができるのか、業界と相談していきたい」と話す。同センターはメーカー団体の日本玩具協会に、放散をできるだけ低減するよう要望した。

毎日新聞 2006年1月13日 東京朝刊から
[PR]
by Dr_M_Itoh | 2006-01-16 17:29 | 子どもの事故 | Comments(0)

2006年 謹賀新年

 皆様、明けましておめでとうございます。
12月の吹雪の毎日が信じられないような雲ひとつない元日を迎えることができました。元旦の日の出は、きっときれいな初日の出だったことと思います。

 伊藤病院では、お正月を病院で迎えられた患者さんが11名おられました。婦人科手術の方は大晦日に退院され、越年は妊婦さんや褥婦さん方です。先ほど、回診で皆様に新年のご挨拶をしてきました。

 このお正月の経験が、すばらしい今年の思い出になりますよう、お祈り致します。

と、言っていると陣痛発来でこれからお二人の入院が・・・。おそらく元日生まれになるでしょう。でも、お正月が誕生日だと、誕生日プレゼントとお年玉がずーっと一緒になるので、お正月生まれのお子さんはかわいそう? それとも盛大でうれしいかな?
 だって、みんなから「おめでとう」「おめでとう」と言ってもらえるから。でも、自分からも「ありがとう」ではなくって、「おめでとう」って言わなきゃならないし、・・・複雑。
[PR]
by Dr_M_Itoh | 2006-01-01 11:56 | 広報 | Comments(2)