7億2千万円の商談

京都市宝ヶ池の風光明媚な一角に、ドルフというカフェレストランがある。
昨日、ここで昼食をしていたら・・・。
a0057559_14133449.jpg
a0057559_14124960.jpg








「先生!」と大きな声をかけられドキッとして顔をあげた、が、私にではなかった。

「先生~! お電話ありがとうございます!」と隣のテーブルで
中年女性が電話で話はじめた。
しかし、なんとも・・・、やたら大きく店内に響きわたる声量だ。

『うっせいな~。そのでかい話し声、何とかならんか』と心のなかで叫ぶも
伝わるわけもなく・・。はるな愛似の声に、耳を餃子にして耐えることにした。

心頭滅却、耳餃子にしてシャットオフ(ヒトの耳は音声を選択することが出来る)にしてまもなく・・・。

「じゃ、3億、3億ということで。6億。ありがとうございますぅ。せ・ん・せ・い! 」
『なっ、何じゃこれは? ビルでも建てるのか?? 不動産屋の事務員???』

耳餃子がいっぺんに耳ダンボになった。



つづく


[PR]
by Dr_M_Itoh | 2017-07-19 14:13 | その他 | Comments(0)
いつから月経があったのかしら? >>